FC2ブログ
2018年09月11日 (火) | 編集 |
三宿整骨院の院長・渡邊です 

さて 患者さんの足はどうなっていたのでしょうか・・・。

患者さんへの説明はこのようなもの。

「 簡単に言うと足首にある細かい骨が亜脱臼した状態ですね 」

すると

「 え~!!! でも骨には異常ないと言われたのに・・・。 」


そうです、骨が折れているわけではありません。

骨の位置がずれたままなのです。

もし靱帯等の軟部組織の損傷だけであれば 

足をつけないはずはありません。


治療→→→

足首の骨を矯正し正しい位置に戻し 元の足関節にします。

そして・・・

歩いてもらうと 「 え? 歩け・・・ますっ。 w(゚o゚)w 」 


不思議そうな顔をしてました。 歩けちゃうね~。  不思議だね~。


ではもしも整復せず あの状態で自然に治してしまうと 後々

どうなってしまうのでしょうか?

今までの臨床経験でお話ししますね。


ご覧くださりありがとうございます

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する