FC2ブログ
2020年05月02日 (土) | 編集 |
三宿整骨院の院長・渡邊です。 

新型コロナウイルスが終息するまでどうなっていくのかを考えました。

あくまでも独り言としてご覧下さい。


前回も書きましたが この問題は 『 不安と恐怖 』 から始まっています。

ですからまずそれを取り除かなければなりません。


以下私の考えたシナリオです。

連休明けあたりから各地で抗体検査を実施し始めると・・・

約数パーセントの人は既に抗体を持っていることが判明。

つまり罹患したが無症状で治癒してしまっていた人がかなりの人数いると言うことです。

・・・という事は持病等のない人はほとんどが重症化しない疾患だと

再認識されるでしょう。(お医者さんも罹患者の8割は

無症状もしくは軽症です、と最初からアナウンスしていましたよね)

同時に薬への♡安心♡が欲しい所ですから

アビガンが電話診療などで一般に処方されるようになったりする・・・。

自宅でアビガンを飲んで病院に行かずに治癒する患者さんが増えれば

大きな病院のコロナ患者の入院(↓)と退院(↑)のバランスが変化する。

そうしますと 最前線の医療従事者の皆さんも含め不安と恐怖の洗脳から解放されてくる。



同時に段階的な緊急事態宣言解除が始まり

そして完全解除=終息

というのが私の現時点での希望であり推測です。


最近私が最も危惧しているのは人の 「 心 」 です。

海外でアジア人に暴力を振るったり、日本でも他県ナンバーに投石したりというニュースが流れます。

多くの人が不安や恐怖を 【怒り】 や 【憎しみ】 に置き換えているのです。


あくまでも冷静にそして心豊かに。


誰のせいでも どこの国のせいでもない。

世界中の人が被害者なのです。


このブログを読んでくださっている方々は大丈夫だと信じています!


ご覧下さりありがとうございます。