FC2ブログ
2013年02月18日 (月) | 編集 |
レスパスの高野です。


先日 久しぶりに院長講義を受けました。


お題は 『 腸脛靱帯 (ちょうけいじんたい)』。


腸骨 と 脛骨 を結ぶ 太ももの外側にある大きい靱帯です。 



私の膝は 反張ひざ という足になっています。

足の前側と後ろ側の筋力のバランスが悪く、膝が中に入り込んでいるように

足がそっくり返っている状態です。

成長期に根性だけでバレエのお稽古をしたせいなのか・・・(ToT)。


それもあって、膝を痛めたことが過去何度かあります。



院長先生に触診していただくと


 「こことここに拘縮があるでしょ?」


膝の周りから徐々に大腿骨頭のラインまで

ぎゅぎゅぎゅ~~~っと押されます。


「ヒーーーーッ!!痛すぎますヨ!!!」


 「これは痛めた痕跡。で、膝に近い方の腸脛靱帯の痛みが強いなら そちらを先にケアしなさい。」



確かに自分で左右の足を手で観察していくと

お肉の盛り上がり方 や 足の硬い部分 が違います。



 「高野さんの足は膝蓋周辺と股関節~臀部までやったほうがいい。

筋力バランスも左右差があるし

歩行時の蹴りの強さも全然違うはず。

大げさに言えば

膝から影響を受けた股関節とも言える。

年をとった時に泣かないように今からよ~く勉強するんだな。はっはっはっ。」




明日は筋肉痛だろうなあ・・・もっと痛くなってたら嫌だなあ・・・

と不安になる程の講義でしたが


講義が終わると足が別物のように軽くなっていて驚きました。



「深部の拘縮を取るといい答えが返ってくる。」


と先生はおっしゃっていました。



深部を探る。 これをお客様のケアに生かせるように精進したいと思います。