fc2ブログ
2012年01月06日 (金) | 編集 |
三宿整骨院の院長です。

今回はマウスピース体操に+αしていただきたいことです。


ズバリ

歯軋りや歯周病、偏頭痛や風邪の予防法です!!!


またまた自己テストからです。

椅子に座った状態で軽く口を閉じてみましょう。

その時、上の歯と下の歯の間に隙間がありますか?

歯と歯が当たっていたり触れている方は要注意です!

なぜなら・・・


そういった噛み合わせの方は

歯軋り、歯周病、偏頭痛、風邪がひきやすい、胃腸の具合が悪い等、様々な症状が出やすいからです。


そしてそういう方に見られる傾向として


常に緊張していて呼吸が浅い

つまり、口呼吸にになっている可能性があります。


★★★…★ 改善法 ★…★★


まず口を軽く閉じます。

そして下顎をリラックスさせます。

(そうすると口は閉じたまま歯と歯の間に隙間ができるはずです。)

その状態を保ちながら鼻呼吸をしてください。



これを習慣的にできるようになると前述した症状にきっと効果がありますよ!


顎関節は何時もリラックスし、鼻呼吸が出来、口の中は何時もウエット状態。


これは健康を保つ為にとても重要な事ですよ。

矯正用マウスピースのエクササイズの後にはこの呼吸を+α。



是非やってみてくださいね!!!



最後までご覧いただき、ありがとうございます。

励みになりますので、お楽しみいただけましたら
 ぽちっ  と拍手をお願いします。