FC2ブログ
2020年01月29日 (水) | 編集 |
三宿整骨院の院長・渡辺です 


整形医学で 『 脊柱管狭窄症 』 といえば腰椎の4,5をターゲットにします。

僕はほとんど触りません。

内臓を含め違う場所の矯正をします。

どこをどのように矯正したかは詳しく書きません。

このブログを参考にしてくださっている治療家の皆さんは

ご自身でよく考えてみてくださいね。

患者さんの全身をよく観察して、考え、繋げるのです。

患部だけではなく一つの体としてですよ。何処が悪さの始まりなのか。



治療後、歩いてもらうと

「すごく楽です!歩けます!」

「手術しなくても 僕が治せるから ( ̄^ ̄)ゞ」

「助かった~。どうなるか不安で不安で・・・」


手術をして一時的に良くなっても 5年後、10年後どうなっているか知ってますか?


三宿には首や肩、腰、膝など 『 手術しかないと病院で言われて・・・』

とやってきて

そして手術をせずに良くなっている方が多数います。

身体はすべて繋がっているんです。


もしも今受けられている治療に疑問を感じている患者さんがいらっしゃったら

もしも自分が治療している患者さんが思うように改善しない治療家の方がいらっしゃったら

一度考えてみてはいかがでしょうか?


ご覧下さりありがとうございます。

2020年01月24日 (金) | 編集 |
三宿整骨院の院長・渡辺です 

今回のお話は 『 脊柱管狭窄症 』。

皆さんも最近よく耳にすると思います。

整形医学的な見解は簡単に言うと腰椎すべり症などにより

神経が圧迫されて起こるとの事。

<本当なのかな~????>


ある日、知人から電話があり 

「 バイクでコンビニまで行っても中を痛くて歩けない 」 と。

「 腰も痛いが足もシビレて痛くどこが痛いのかわからない。

是非診てもらいたい (T_T) 」

 「どーぞいらして♡ 」

早急に来院してもらいました。

院の目の前にバイクを停めてから中に入るのにとても痛そうでした。

診察してみると股関節、骨盤の関節、脊椎に歪みがあり

内臓の動きも良くないと指摘します。

本人曰く、お腹が緩いとの事。

治療===

知り合いなので 本来の治療では使わない魔法の技を使うか・・・。

本人はわかってないと思いますがね。


徒手矯正は股関節と骨盤の治療のみにしました。

さてさて。数日後どうなっているのかな?


一週間後来院===
「 具合はどうですか? 」 

「 あまり変わってません。。。 」

「 なるほどね、大丈夫治るよ! 」 

「え???」

さて次の一手はどうしたか?

治療家の皆さんも考えてみてください。


次回に続きます。

ご覧下さりありがとうございます。

2019年12月10日 (火) | 編集 |
三宿整骨院の院長・渡邊です。

さて、肩関節石灰化沈着の治療を始めます。

これを読んでいる専門家の皆さんも考えてくださいね。

患部を触らずに治療する為には 遠隔的な部位を使って治療することです。

娘さんが治療を見たいと言うので 「 どうぞ遠慮なく 」 と。


娘さん 「 凄い!凄い!」

後で何が凄かったのかと聞くと

「 あんなに痛がっていたお母さんが一度も治療中痛いと言わなかったので・・・。」


治療が終わり2日後に来院してもらう事にしました。

「 先生!一か月ぶりに熟睡できました!手術しなくても治りますよね?!」

「僕が治しますから!」(笑)


ここで考えなければならないのはなぜ石灰化沈着したのか?!

そしてなぜ片側だけなのか?!

それを紐解けばおのずと答えに導けます。

でも眠れて本当に良かったです。


ご覧くださりありがとうございます。

2019年12月07日 (土) | 編集 |
三宿整骨院の院長・渡邊です。

 
僕の患者さんからこんな相談を受けました。

「 母なんですが・・・。ひどく肩が痛くて病院に通っているのですが 全く良くならないのです。

先生、診てもらえませんか? 」

「 見てみましょう 」 と伝え その後お母さんに電話で話を伺いました。

何しろ寝ても、座っていても、歩いていても痛いとの事、一か月眠れていないそうです。

病院では週に一回注射を打っていたが全く良くならず

手術になるかもしれないので 大きな病院に行くよう紹介状をもらってきたそうです。


来院していただき診察=========

診てみると頭蓋骨、頸椎、顎関節、股関節が歪んでおり、仰向けに寝てもらうと

腎、胃、脾臓の流れが良くないのが解りました。

仰向けでも痛くて手の置き場に困っています。(これはお気の毒だな・・・)

「 先生、手術かもと言われ 帰り道は痛いのと悔しいのとで涙が止まりませんでした。 (;д;)」

「 先生治りますか? 」

「 僕は治せますから! 」

しかし治療には大変な問題があります。

それは患部(肩関節)の痛みが強すぎて触れないこと。


さてどうやって治療したのでしょうか?

次のコラムをお楽しみに。


ご覧くださりありがとうございます。

2019年07月22日 (月) | 編集 |
三宿整骨院の院長・渡邊です。 

ゴルフと瞑想と聞くと皆さんは全く関係がないと思うでしょうけど

実はゴルフで 一種の瞑想状態を体験できるのです。

ゴルフをやらない人からすれば 止まっているボールを打って小さいカップに入れる・・・

このスポーツのどの辺が楽しいのか??と思うでしょう。

しかし唯一シュミレーションゴルフやドライビング・レンジ (ショットを練習する打ちっぱなし練習場のこと)

などがあるスポーツなのです。


なぜそんなに皆さん夢中になるのか?


もしかしたら瞑想状態の快感を脳が喜んでいるからかもしれません。

テニスや野球などは相手がどんな球を打ったり投げたりしてくるのか、自分はどう動くのかなど

様々なことを考えます。

しかしゴルフは打つまではいろいろ考えますが、打つ動作を始めた瞬間から

ボールを打ち終えるまで何も考えません。

この < 無の境地 > の瞬間が瞑想状態だと思うのです。

私もこの快感を忘れられなくて続けているのかもしれません。(笑)


プロゴルファーのジャックニクラウスが優勝パットを打つ瞬間に強風が吹き

帽子が飛ばされましたが 気が付かず 優勝パットを決め

帽子を取って挨拶をしようとした時初めて帽子が無いことに気づき探していたことがありました。

帽子が飛ばされたことも 突風が吹いたことにも 全く気づかなかったのです。

こういうことはプロゴルファーだけでなく一般のゴルファーにもたまにあるんですよ。

スポーツでこんな体験ができるのはゴルフだけかもしれませんね。


知らないうちにゴルフに夢中になっているのは

もしかしたらトランスメディテイト ( 瞑想によるいつもとは異なる精神状態 ) の快楽?かな?(笑)


ご覧いただきありがとうございます。