FC2ブログ
2018年07月27日 (金) | 編集 |
三宿整骨院の院長・渡邊です。 

皆さんも聞いたことはあると思います。

 『 塩分の取り過ぎに注意! 』

 『 塩分を減らせ! 』

 『 塩=悪者である。 』


数十年前から減塩、減塩と言われていますが

高血圧や塩原因説の病気は全く減っていない気がします。

それどころか増えているのです。おかしいとは思いませんか?

塩は体にとって貴重な栄養です。

現代人は逆に塩不足のケースが多く見受けられます。




人間のルーツは海にあります。

塩の成分がなければ人は生きていけません。


30年くらい前に腎臓病の患者さん数名に徹底した減塩をしてもらったことがあります。

しかし皆さんぐったりしてしまい 梅干を一つ食べてもらうとすぐに元気になったのです。


この事例でお分かりいただけると思うのですが

過剰に塩分を摂取することをおススメしているのではなく 

体に必要な成分を 必要な分だけ補う必要があるということをお伝えしたいのです。


塩と言っても何でも良いわけではありません。

岩塩か海塩です。

ナトリウムが気になる方は岩塩の方が良いでしょう。

わざと ” にがり ” を加えている塩は避けましょう。

にがりは腎臓を固めます。


症状や病気に対して治療法の他に塩の話や砂糖、小麦、野菜や加工食品など

何が良くて何が悪いのか。

私なりの見解を追々お話ししますね。


皆さんがいかにメディアや〇〇業界に翻弄されているか理解できると思います。

いろいろな所からご意見を頂戴するとは思いますが 

これはあくまで 私の 「 独り言 」 ですから (笑)


ご覧くださりありがとうございます。

2018年07月03日 (火) | 編集 |
三宿整骨院の院長・渡邊です 

アトピーの続きのお話です。

「わかった!頭蓋骨だ!」

思わず叫んでしまいました(笑)

でも なぜ頭蓋骨・・・?

お母さんも来院されてたので詳しく聞いてみると

難産で頭を引っ張られ 頭が長くなった状態で生まれたそうです。

先生には自然に元に戻るから心配ないと言われたそうです。

生まれた日に 『 体の歪み 』 は始まっていたのです。

そして頭蓋骨の矯正すると・・・

「動いた!」

また叫んでしまいました(笑)

見る見るうちに顔の赤みや腫れがひいていきました。

「よし!これで良くなる!」

患者さんとお母さんは 「ほんとうですか???」


治療が終わるとお母さんが 「あ!顔が白くなった」 と驚いていました。



その後 皮膚も再生が始まり 夜中のかゆみに苦しむこともなくなり (よかったね!!)

初めて半袖姿で外出し 友人と始めてスーパー銭湯に行くことができ (やったね!!)

顔の腫れが取れ 二重になったために勤務先の会社で整形疑惑まで言われたそうです(笑)

アトピー性皮膚炎は個々によって根本原因が異なります。

ですから治療もとても複雑です。

最後にお伝えしておきたいこと。

症状は悪ではありません、ですから戦う必要はありません。

自分の身体から自分へのメッセージです。

そのメッセージを聞いてあげてください。

必ず仲良くなれます。

日常の思考も変わりますよ。


「 どんな治療して治ったの?! 」 と数年ぶりにあった友人に聞かれたそうです。

「 整骨院で治療してもらった 」 と答えたら

「 え?整骨院でアトピー性皮膚炎が治るの?! 」 と皆さんが言ったそうです。

だよね~(笑)


ご覧くださりありがとうございます。
2018年06月29日 (金) | 編集 |
三宿整骨院の院長・渡邊です 

治療経過について。

しばらくの間 毎週来院してもらうことにしました。

自宅では首、肝臓を冷却してもらい

食事は小麦、砂糖、イモ類、熱した油料理を控えてもらうように指導。

しばらく続けると 歪みも内臓の機能も改善し 体の流れも少し良くなってきました。

すると手や足、背中などのアトピーも改善されてきました。

しかし。

首から顔の腫れ、目が開かないなどはなかなか改善されません。。。

「う~ん、困った  」

もう一度診察します。

そして体からの情報を読み取ると・・・

「わかった  」

思わず叫んでしまいました(笑)


次回この患者さんのアトピー性皮膚炎の根本原因と完治までのお話です。


ご覧くださりありがとうございます。

2018年06月26日 (火) | 編集 |
三宿整骨院の院長・渡邊です 

前回の続き。

診察→体からの情報を読み取ります。

体の歪み・・・全身が歪んでいますが 特に胸椎、頸椎、顎、頭蓋骨が酷い  

内臓・・・肝臓、腸の歪み そして体の流れが低下している

呼吸が浅い

長年患っていたり 病気や症状が多数ある場合は 体は色々な情報を出しています。

この場合の治療方針→ 一つ一つ治していきます 


必ず後から出てきた症状から治っていきます。


治療→ 硬結を取り 骨格矯正をし 内臓の機能を上げ 『 リュウマ活性療法 』 で流れを改善します。


次回は治療経過についてです。


ご覧くださりありがとうございます。
2018年06月22日 (金) | 編集 |
三宿整骨院・院長渡邊です 

紹介で来院された男性のアトピー性皮膚炎の患者さんの症例です。

来院時、顔は真っ赤に腫れあがり 目も開けられない状態。

手や足など全身に症状がありました。

学生時代は全身に包帯を巻いて通学していたそうです。

治療はステロイドなどの投薬、塗り薬、漢方薬です。

効果があると言われたことはすべてやってきたとの事。

ステロイドなどの薬はアトピー性皮膚炎を治すものではありません。

中に ”閉じ込める” だけです。

ですから止めると

閉じ込められていたものが一気に外に出てくる。

これをリバウンドと言っているのです。

しかし僕は 「ステロイドをやめてください」 とは言いません。

良くなれば使わなくて済むようになるからです。

特に顔や手などの症状が酷い場合 本人が一番辛いからです。

世の中には心無い言葉をかける人もいるから。


次回診察から治療方法をお話ししますね。


ご覧くださりありがとうございます。