fc2ブログ
2011年09月09日 (金) | 編集 |
三宿整骨院の院長です。


このブログは医療関係者の方々も見ていると思いますので一言言わせてください。


診察&診断、ちゃんとしてますか?



腰痛で医療機関を受診すると、

レントゲンやMRIの画像診断、血液検査などをし異常の有無を判断する。

これが一般的ですよね。



しかし患者さんの<痛みの訴え>というのはみんな違う。


歩いて痛い、立っていて痛い、寝てると痛い、腰を曲げると痛い、伸ばすと痛いなど沢山あるわけです。



それを画像診断や数字だけで判断して良いのでしょうか?


今は内科などでも触診をしないところが多いですよね。

画像や数字が無いと診断できないの???


今は亡き師であった整形外科医の先生がおっしゃっていました。

「無人島で、何の検査器具(レントゲンなど)無い所で誰かが痛みなど具合が悪くなった時にでも

診察診断ができ適切な処置ができるようでないとだめなんだ」



それからこうもおっしゃっていました。

「診察はスクリーニング テスト。要は消去法である。自分の学問と臨床で培った知識、経験を生かし

これではない、これでもないと消去して最後に残ったのがその患者さんの病態だ。」


「病気を診るのでは無い、病人を診るんだ。」



今でも思い出すと鳥肌が立つ、画像や数字だけでは病人は診れないと言う事。

医学だけではなく、人間としても沢山学ばさせていただいた。

なんの恩返しも出来なかったけれど師の志だけは永遠に引き継いでいるつもりです。

それが唯一の恩返しかな。



次回は私の腰痛の診察、診断についてお話します。


最後までご覧いただき、ありがとうございます。

励みになりますので、お楽しみいただけましたらぽちっと拍手をお願いします。
2011年09月02日 (金) | 編集 |
三宿整骨院の院長です。



腰痛のお話 続きです。



腰痛を診る上で、何が重要か?


それは・・・


腰椎、骨盤、股関節、足首のアライメント (並び具合及び繋がり具合)そして からだの捻れ



これを全て診た上で本当の腰痛の原因が解明できるのです。



腰だけ診ていてはいけません。体はつながっていますからね。


これが私の考え方です。


だから三宿整骨院に来院される患者さんは腰痛でも色々な箇所を治療されてしまうのです!


(もちろん治療方針は事前にお話ししご理解いただいてから治療いたしますので、ご安心ください  )


最後までご覧いただき、ありがとうございます。

励みになりますので、お楽しみいただけましたらぽちっと拍手をお願いします。

2011年08月29日 (月) | 編集 |
三宿整骨院の院長です。



腰痛のお話 続きです。


当院には病院で撮ったMRIやレントゲン写真を持参される患者さんが多くいらっしゃいます。

確かに参考にはなりますが、患者さんが病院の先生から聞いてきた診断と

私の見解は全く異なる場合が90%位です。



驚かれますよね。


正確に言うと診断に至るまでの道順が異なり、

ゆえに治療方針も治療方法も異なるという感じですね。




ではなるべく簡単にわかりやすく説明します。

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、骨の棘が出ている、椎間関節が狭くなっているといった

診断を受けた方々の自覚症状を考えてみましょう。


歩くと痛い、座ってると痛い、寝ていると痛い、腰を曲げると痛い、腰を伸ばすと痛い・・・など



皆さん痛い時期、部位、体勢、状態などが違います。

<腰痛>と一言で言っても、その痛みはたくさんある訳です。


もしこのブログを読んでくださっている方の中で

過去に腰痛で病院に通った経験がある方があれば伺いたいのですが、


あなたは医師から痛みの違いについて説明を受けたことがあるでしょうか?



なぜ右の腰がいつも痛くなる、なぜいつも左のお尻が痛くなるのか。




こんな疑問への解説を受けたことがあるでしょうか?



十中八九、お聞きになったことは無いのではないと思います。

大部分の医師は知らない、解らない。だから答えられません。


私の医学と西洋医学では<診る>ところが違うからです。




続く。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

励みになりますので、お楽しみいただけましたらぽちっと拍手をお願いします。

2011年08月27日 (土) | 編集 |
三宿整骨院の院長です。


今回は腰痛のお話です。

腰痛は話せば なが~~~~く なります。

何回で完結できるかわかりませんが、最終回までどうぞお付き合いください。




腰痛とは読んで字のごとく 腰が痛いこと ですよね。


腰痛は(私的には)30パターンくらいあります。



腰が痛くて外科や整形外科などの病院に行くと

「椎間板ヘルニアですね」

「脊柱管狭窄症ですね」

「骨の棘(トゲ)が出ていますから痛むんです」

「椎間関節が狭くなっているから痛いんですよ」 

などの説明があると思います。



しかし上記の状態は、ある意味よくある(誰にでもありがちな)状態なんです。


つまり私が言いたいのは、レントゲンで椎間板が出ているのが見えた、脊柱管が狭くなっていた、

トゲが写った、関節にr老化現象が見られたと言っても・・・


全員が同じような痛みを感じ、同じような運動制限をもつのか?というと・・・


答えは


NO!


という事です。






100人の腰痛患者さんがレントゲン撮影をしたとして、病院のお医者さんに問題です。


<どの人が一番痛いでしょう?>


全く当たりません。

(過去に大学病院の先生方に質問してみたことがありましたが、当たらなかった・・・。)

それはなぜでしょうか???


次回へ続く



最後までご覧いただき、ありがとうございます。

励みになりますので、お楽しみいただけましたらぽちっと拍手をお願いします。