FC2ブログ
2020年11月11日 (水) | 編集 |
三宿整骨院の院長・渡邊です。

前回の続きです。

ミネラル不足を簡単に解消する方法とは・・・?

私が実践している方法です。

人間、元々は魚だったと考えるとやはり海の物で補給です。

(海の効能については以前書いてあります)。

よくお出汁に使う粉末状の物が簡単でお勧めです。

カツオ、アゴ、イワシ、サバ、昆布。

これらをブレンドして飲むのですが症状や体調によりブレンド比率を加減します。

それに原木栽培のシイタケ粉末加えたりもします。

これを朝、昼、晩の空腹時に飲みます。ぜひやってみてください!

尚、無添加、無塩の質の良いものにしてくださいね。

自分の身体に何が必要か聞きながら作ってみてください。


ご覧下さりありがとうございます。

2020年11月06日 (金) | 編集 |
三宿整骨院の院長・渡邊です。


コロナに感染しない、もし感染しても重症化しない為には

手洗いやうがい、マスクも良いですが

やはり密にならないこと。これが一番重要でしょうね。

ウイルスは密な状況で活発になります。

そして「身体を整える」こと。

以前書きましたが良い睡眠をとり軽い運動を行い、日光浴そして食事に気を配りましょう。

野菜についても書きましたが一般に売られている野菜には

昔の様な栄養はありません。

そうすると何が不足してしまうのか?

それは「ミネラル」です。

パンや砂糖、酸化した油、ポテトチップスなどを過剰摂取し

それを帳消しにしようと野菜などをたくさん摂取してもミネラルは補えません。

次回は私のお勧めミネラル摂取術をご紹介します。


ご覧下さりありがとうございます。



2020年10月31日 (土) | 編集 |
三宿整骨院の院長・渡邊です。

今日はコロナウイルスについて。

欧米では感染者が増加傾向にありますね。

日本でも11月末くらいから増加すると思われます。


しかしそのコロナウイルスは日本人を本当に重症化させるのでしょうか??

半年くらい前までは重症化しないのではとの意見が多かったです。

しかし今後渡航が認められ欧米型コロナウイルスが入ってきて

日本人にどう変異するのかは意見の分かれるところです。

ただ言えることはコロナウイルスは無くなりません。

そして現在もっと強毒な耐性菌やウイルスも発見されています。

以前書きましたがウイルスとは結局「共存共栄」するしかないのです。

そしてもし感染しても重症化しないように「身体を整えておく」。

これが最重要だと思います。

皆様この時期は鼻水や咳など呼吸器系にご注意くださいね。

次回は感染から身を守るそしてもし感染しても重症化しないためには・・・というお話をします。


ご覧下さりありがとうございます。

2020年10月11日 (日) | 編集 |
レスパスの高野です。

8月に芽が出るかな・・・とアボカドの種を水につけてみました。

しばらくするとぱかっ!と半分に亀裂が入って根っこが出ました。

そして上から小さい芽が!
1596969080723あぼかど1_convert_20201011123537


どんどん伸びて何処まで行くのか??と思っていたら

葉っぱがでて・・・。
DSC_1120あぼかど2_convert_20201011123556


今は植木鉢に引っ越しました。
DSC_1123あぼかど3_convert_20201011124109

種が大きいので大きいコに育つんだろうなと少し不安になってきた今日この頃です。(^_^;


ご覧下さりありがとうございます。



2020年09月29日 (火) | 編集 |
三宿整骨院の院長・渡邊です。

前回の続きです。

自分自身の身体ってよく解っているようで解っていないのではないでしょうか。

僕も自分自身の身体の状況が一番解らないものです。

例えば患者さんに 「3年以内に酷い咳の風邪をひきませんでしたか?」 と質問したことがありました。

 「いいえ。」

・・・おかしいなあ。なぜ身体に反応がでているのかな。。。

帰る間際に 「あ!一年位前に酷い咳の風邪をひきました!」

やっぱりね。w(゚o゚)w



ある人は 「腎臓系が弱いとお見受けしますが症状がありませんか?」と尋ねても

「・・・・・・?」 と、さも思い当たりませんけどと言いたげな表情。 

暫くして

「あ!そう言えばよく膀胱炎になります。」


またある人は 「脳圧が上がっているようですが?(何か症状はありませんか?)」

「そう言えば片頭痛が酷いんです。」

最初に問診したとき、何にも言ってなかったよねえ???忘れちゃってたの???



患者さんの身体を診れば過去に起こった症状やこれから起こりえる症状も教えてくれるんです。


皆さんご自分の身体からの声に耳を澄ませて下さいね。

そして治療家の皆さんは患者さんの身体と会話して下さいね。



次回からは自宅でできる症状別対処法など書いていきたいと思います。


ご覧下さりありがとうございます。