FC2ブログ
2020年02月03日 (月) | 編集 |
三宿整骨院の院長・渡邊です 

最近 豪雨、台風、地震など 『天災』 と言われる被害が多いですが

本当に天災被害なのでしょうか?

川が氾濫し家屋が流されたり 山が崩れ家屋が埋まったり

津波によりすべてを失ったり

台風で送電線が壊れ不便な生活を強いられたりなどなど、

被害にあわれた方々を思うと辛いです。



「未曽有の***」 とメディアや政治家の皆さんはおっしゃいますが

本当にそうなのでしょうか?

人間の愚かさは征服し支配することだと思います。

領地を奪い、人の命を奪い、征服し豊かさと特権を手に入れる。

昔から繰り返されたことですね。


現代でも形変われど似たようなことが行われていると思います。

利益や利便性のもとにインフラ、高度成長、便利さを求め

山を切り開き、海を埋め立て道や街を作ったその結果

家は倒壊し、川は氾濫し、電柱は倒れ原発という最悪の物まで壊れてしまった。

本来は住むべきところではない場所を平坦にし道路を作り

家を建てたり海を埋め立て家を建てたり・・・。

その結果生まれた被害は天災と言っていいのでしょうか。

私は人災だと思います。


本来人間は、草木や海、川などに育てられ共存共栄するものです。

動物が食物を求め街にやってくるのは人間がその法則を壊したからではないでしょうか。

動物だって人里は怖くてたまらないと思いますよ。


もうこれ以上 壊さないで欲しいです、利益の為に。

もう十分過ぎるほど便利な世の中じゃないですか。


今日のコラムは医学の話ではなく、本当に私のひとりごと。

文中に配慮のない表現や言葉遣いがあったらすみません。


ご覧下さりありがとうございます。


2020年02月01日 (土) | 編集 |
レスパスの高野です。

2月12日(水)はお休みをいただきます。

ご不便をお掛けいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。
2020年01月29日 (水) | 編集 |
三宿整骨院の院長・渡辺です 


整形医学で 『 脊柱管狭窄症 』 といえば腰椎の4,5をターゲットにします。

僕はほとんど触りません。

内臓を含め違う場所の矯正をします。

どこをどのように矯正したかは詳しく書きません。

このブログを参考にしてくださっている治療家の皆さんは

ご自身でよく考えてみてくださいね。

患者さんの全身をよく観察して、考え、繋げるのです。

患部だけではなく一つの体としてですよ。何処が悪さの始まりなのか。



治療後、歩いてもらうと

「すごく楽です!歩けます!」

「手術しなくても 僕が治せるから ( ̄^ ̄)ゞ」

「助かった~。どうなるか不安で不安で・・・」


手術をして一時的に良くなっても 5年後、10年後どうなっているか知ってますか?


三宿には首や肩、腰、膝など 『 手術しかないと病院で言われて・・・』

とやってきて

そして手術をせずに良くなっている方が多数います。

身体はすべて繋がっているんです。


もしも今受けられている治療に疑問を感じている患者さんがいらっしゃったら

もしも自分が治療している患者さんが思うように改善しない治療家の方がいらっしゃったら

一度考えてみてはいかがでしょうか?


ご覧下さりありがとうございます。

2020年01月27日 (月) | 編集 |
三宿整骨院では新型ウイルス対策として

院内に<ウイルス除去スプレー>を散布しております。

院長 渡邊
2020年01月24日 (金) | 編集 |
三宿整骨院の院長・渡辺です 

今回のお話は 『 脊柱管狭窄症 』。

皆さんも最近よく耳にすると思います。

整形医学的な見解は簡単に言うと腰椎すべり症などにより

神経が圧迫されて起こるとの事。

<本当なのかな~????>


ある日、知人から電話があり 

「 バイクでコンビニまで行っても中を痛くて歩けない 」 と。

「 腰も痛いが足もシビレて痛くどこが痛いのかわからない。

是非診てもらいたい (T_T) 」

 「どーぞいらして♡ 」

早急に来院してもらいました。

院の目の前にバイクを停めてから中に入るのにとても痛そうでした。

診察してみると股関節、骨盤の関節、脊椎に歪みがあり

内臓の動きも良くないと指摘します。

本人曰く、お腹が緩いとの事。

治療===

知り合いなので 本来の治療では使わない魔法の技を使うか・・・。

本人はわかってないと思いますがね。


徒手矯正は股関節と骨盤の治療のみにしました。

さてさて。数日後どうなっているのかな?


一週間後来院===
「 具合はどうですか? 」 

「 あまり変わってません。。。 」

「 なるほどね、大丈夫治るよ! 」 

「え???」

さて次の一手はどうしたか?

治療家の皆さんも考えてみてください。


次回に続きます。

ご覧下さりありがとうございます。